• このエントリーをはてなブックマークに追加

00004

  アイドルユニット「妄想キャリブレーション」が2日、中国・香港で開催されたアジア最大のアニメコンベンション「ACG Hong Kong 2017」の最終日に出演した。

  最終日のメインステージのトリとして登場した「妄想キャリブレーション」は、集まった約3000人の観客を前に代表曲の『桜色ダイアリー』などを披露。

  自身の冠番組「妄キャリのアジアでアイドルやっチャイナ」では中国語を猛勉強中のメンバーたちだが、MCパートでは現地のファンに中国語で直接呼び掛けるなど、日に日に上達するその語学力を垣間見せた。

  またテレビアニメ「冴えない彼女の育てかた♭」のエンディングテーマ『桜色ダイアリー』および『青春プロローグ』の歌唱時には、ステージ上のビジョンに“冴えカノ”のアニメ映像が映し出され、会場を盛り上げた。

  雨宮伊織は、「2度目の香港ですが、今回はアニメエキスポということで前回よりたくさんのお客さんの前でパフォーマンスすることができました。あまり頻繁に来られる場所ではないのですが、待っていてくれた方がいることがすごくうれしかったです」。

  続けて、「『冴えカノ』がキッカケで『妄キャリ』を好きになりました、という言葉をたくさん頂いてアニメソングを歌う、ということの特別さに改めて気付きました。MC中に『みなさん一緒に楽しみましょう』を覚えたての中国語で話した時にお客さんが一斉に反応してくれたのがとてもうれしかったです。もっといろんな言葉を覚えてたくさんの方とコミュニケーションがとれるように勉強してまた来たいです」とコメントしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事