• このエントリーをはてなブックマークに追加

「オープニングでいきなりある有名俳優の代表曲をディスるような曲を小栗が歌ったり、某テレビ局の人気音楽番組のパクリと思われるような演出も。劇中では原作同様、人気マンガやアニメ、映画など超有名作品のパロディーを連発しています。『ここまでやって大丈夫か?』とハラハラものだったが、そのぶん原作を知らなくても違和感なく観られました」(ベテラン映画ライター)  

  「銀魂」の福田監督の手法は、今後、人気コミックを実写化するにあたり、最高の“教科書”となるかもしれない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事