• このエントリーをはてなブックマークに追加

000001

  「乃木坂46」の白石麻衣や齋藤飛鳥、堀未央奈らが8日、都内で行われた映画「ワンダーウーマン」(25日公開)のジャパンプレミアに出席した。

  イベントにはメンバーたちのほか、パティ・ジェンキンス監督とチャールズ・ローブンプロデューサーらが出席。

  「モンスター」以来13年ぶりに来日したパティ監督は、「みなさんこんにちは。日本に来られて本当にうれしいです。日本は素晴らしくて本当に大好き。みなさんと『ワンダーウーマン』を共有できてうれしいです」とあいさつ。

  一足先に本作を鑑賞した齋藤は、「DCコミックスの看板と言っても過言ではないくらいの名作だと思いました。アクションシーンも迫力があって見ごたえがあるし、女性から見ても惚れるガル・ガドットが美しいです。クスッとさせられるシーンも面白く、老若男女問わずいろんな人に見てほしいです」とアピールした。

  本作のキャッチコピー“美しく、ぶっ飛ばす”にちなみ、今一番ぶっ飛ばしてみたいものを聞かれた白石は「私は今降っている雨をぶっ飛ばしたい。雨が降っていなければ…。もっと止むようにぶっ飛ばしたいです」。

  堀は「目覚めた瞬間から食欲に襲われるから、この夏は食欲をぶっ飛ばし、ワンダーウーマンのようなセクシーな体を手に入れたいです」と話した。

  また、アメリカでパティ監督と主演のガル・ガドットに会ったという秋元真夏は「ロサンゼルスに行かせて頂いてインタビューしました。ちゃんとインタビューできるかなと思ったのですが、本当に優しく迎えて下さりました。ガルさんの美容法は『お水を飲むこと』だと言っていたのですが、高山が実践していると聞いたんです」。

  これに対してと高山一実は、「そうなんです。水が苦手だけど、ガルさんみたいに美しくなりたいから月1回は飲もうかと思って。パティ監督もロスでお会いしたことを覚えてくださってうれしかったです」と振り返った。

  パティ監督は、「みなさん本当に優しい言葉ありがとう。みなさんのそれぞれ自分の中にワンダーウーマンを持っているの。みなさんのそういうことを見つけてほしい。それにコラボした衣装が本当にカッコイイわね」と笑顔を見せ、イメージソングの『女は一人じゃ眠れない』の振付を見せてほしいとリクエスト。

  メンバーたちは全員で振付にある“ワンダーウーマンポーズ”をしながらサビのダンスを披露すると、パティ監督は「ダンスにワンダーウーマンポーズを取り入れてくれて本当にうれしいし、素晴らしいわ。ありがとう」と大はしゃぎの様子。

  チャールズ・ローブンも、「これから世界中の『ワンダーウーマン』のプロモーションに参加してほしいです」と感激していた。

  その後、同映画の日本でのプロモーションをする「乃木坂46」にパティ監督からダイヤモンドをあしらったティアラがプレゼントされた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事