• このエントリーをはてなブックマークに追加

00003

  秋元康氏がアニプレックス、ソニー・ミュージックレコーズとタッグを組み、総合プロデュースするデジタル声優アイドル「22/7(ナナブンノニジュウニ)」のデビュー曲『僕は存在していなかった』のミュージックビデオが公開された。

  MVを手掛けるのは、劇場版「KING OF PRISM -PRIDE the HERO-」やカップヌードルCM 「HUNGRY DAYS 魔女の宅急便 篇」で知られる「タツノコプロ」。
  監督は「劇場版 TIGER & BUNNY The Rising」のオープニングアニメーションの絵コンテ・演出を担当し、2017年1月に放送されたTVアニメ「亜人ちゃんは語りたい」で初監督を務めた安藤良氏が務め、美術監督には「ソードアート・オンライン シリーズ」、「攻殻機動隊 シリーズ」の竹田悠介氏、CGディレクターに「プリティーシリーズ」の乙部善弘氏といった層々たるクリエイター陣が顔を揃えた。
  アニメーションキャラクターデザインは引き続き堀口悠紀子氏が担当している。

  MVはフル3DCGアニメーションで描かれており、ダンスシーンはもちろん細かい所作に至るまで、全編にわたって各キャラクターの動きの基になるモーションキャプチャの収録は専門のダンサーやアクターではなく、それぞれのキャラクターの担当声優のメンバー本人が担当。
  身体にモーションセンサーを装着し、自らが演じるキャラクターの設定と絵コンテから想像を膨らませ、収録は行われた。

  担当声優の動き、演技がミュージックビデオ内のキャラクターに反映されるという、フル3DCGアニメーションのMVとしては初の試みとなり、まさしくキャラクターとキャストが一体化したとも言えるデジタル声優アイドルグループの「22/7」ならではの作品となっている。

  今作の主人公ともいえるキャラクターの滝川みうを演じる西條和は、「細かい自分の動きがすべて反映されていることに驚きました。そしてみうちゃんって本当に存在しているんだな、と今日改めて実感しました。本当に感動しました」と瞳を涙でうるませた。

00001

  また、7月22日に行われた初ライブイベント内で発表された、デビューシングルに収録される11人で歌う楽曲のタイトルが『11人が集まった理由』であることも明らかになった。

  なお、同イベントで初披露された『地下鉄抵抗主義』が8月29日に放送されるニッポン放送のラジオ番組「ミュ~コミプラス」で、『11人が集まった理由』が9月3日放送の文化放送のラジオ番組「A&Gリクエストアワー 阿澄佳奈のキミまち!」でオンエアされることも決定したという。

©22/7 PROJECT

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事