• このエントリーをはてなブックマークに追加

0001

  「乃木坂46」の西野七瀬が主演を務める映画「あさひなぐ」(9月22日公開)の完成披露上映会が28日、東京・TOHOシネマズ六本木で行われた。

  ステージに映画版のキャストである東島旭役の西野、八十村将子役の桜井玲香、紺野さくら役の松村沙友理、宮路真春役の白石麻衣、野上えり役の伊藤万理華、大倉文乃役の富田望生、一堂寧々役の生田絵梨花、メガホンをとった英勉監督が登場すると、会場は大きな歓声に包まれた。

  この日、メンバーたちは薙刀の道着姿ではなく、普段中々見られないドレッシーな姿で登場。

  自己紹介で主演の西野から順番に挨拶をしていく中、松村は「この会場の中、ポップコーンのええにおいがします、うらやましいです!」と話して会場の笑いを誘った。

  また、西野は「ここにいるみなさんが初めてのお客さんとのことで、見終わった後に、どんな感想が浮かぶのか楽しみな気持ちでいっぱいです。みんなすごく薙刀を頑張ったので、格好いいって思ってほしいです!」と笑顔を弾かせた。

  映画の撮影に臨むにあたり、実際に厳しい薙刀の稽古に励んだ話題になると、「今年の年明けぐらいから稽古を初め、撮影期間中も並行してやっていました。薙刀も重くて、扱うのが大変だったし、足の裏の皮がめくれそうになったり、腕が筋肉痛になったりと、色々苦労したけど、私自身、日本の伝統的な薙刀という文化を教わることができて良い経験になったと思います」と振り返った。

  役作りについて桜井は、「キャラが違うと言われていたんですけど、私自身は違和感がなくて、むしろ作り込みやすい印象でした。ただ、剣道の経験者ということで、そこがすごく苦戦しました」。
  さらに、「意外と舌打ちって難しいんだなって思いました」と舌打ちを生披露してみせた。

  松村は、「みんなで一緒に薙刀を初めたことが、学校に入学したような気分だったし、みんなで作っている感じが、すごい青春でした!」と明かし、「前日に試合の撮影内容が変わり、1ヵ月前から練習していたその試合シーンがなくなり、一瞬涙がでました(笑)」。

  白石は、「とにかく薙刀が強くなきゃいけないということで、最初に先生から、『特別にビシバシ行くからね』と言われ、心が折れそうになりました。だけど、薙刀はすごく楽しいし、できてくるとそれがうれしくて、全然苦ではなく、楽しさのほうが強かったです!」と語った。

  伊藤は、「『乃木坂4』6のポジションでも、私はまとめ役などやるようなところにいないので、まずそこにビックリしました。」とし、キャプテンの桜井にアドバイスをもらうため、撮影期間中に夜の田んぼ道を散歩しながら語り合ったエピソードも披露した。

  ひとり主人公たちのライバル校で最強の1年生役を演じた生田は、「演じるキャラクターの背景が映画では描かれていないので、子供らしい素直さから来るふてぶてしさ、すねている可愛らしさをスクリーンで見られるようにしました」。

  そんな中、主要キャストの中で唯一「乃木坂46」のメンバーでない富田が「少し不安はあったけれど、みんなものすごく優しいんですよ! なので、練習の初日から不安がなくなりました」と話すと、西野は「(富田さんは)いてくれるだけで空気がなごむし、元気にしている姿を見るとこっちも元気になるので感謝でした!」と笑顔で語った。

  この日は映画の完成を祝って鏡割りも行われ、ドレス姿の西野の「せーの!」の掛け声で大きな樽が割られ、白石の掛け声で乾杯が行われた。
  部活動を描く今作に絡めて樽の中身は特別にスポーツドリンクとなっていたが、メンバーたちは慣れないひしゃくを使っての作業に悪戦苦闘する一幕も。

  最後に西野は「キャスト全員、スタッフさんやたくさんの人の力を合わせて一生懸命作ったステキな作品です。応援してくれるとうれしいです!」と呼び掛けた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事