• このエントリーをはてなブックマークに追加

0004

  演歌歌手・田川寿美が2日、最新シングル『心化粧』の売上3万枚突破、さらなる5万枚セールスを目指して、今作3度目となるヒット祈願を福岡・住吉神社で行った。

  昨年デビュー25周年を迎えた田川の新曲『心化粧』は、“デビュー26年目、新たな出発(たびだち)”と銘打った、その持ち味を十分に活かしたメジャー調の演歌作品。

  発売前の6月20日には、京都の“化粧神社”こと下鴨神社・河合神社にてヒット祈願を実施し、発売前日には東京・浅草の新仲見世商店街を練り歩き、浅草寺で2度目のヒット祈願を行った。

  そして今回、売上3万枚突破と5万枚のセールを目指して、キャンペーン先の福岡市・住吉神社で急きょ通算3度目のヒット祈願を行った。
  住吉神社は“航海の神様”と並び、“芸能の神様”としても知られており、さまざまな歌手や芸能人も訪れる由緒ある神社。
  今月2日に黄色地の着物で訪れた田川は、本殿に手を合わせさらなるヒットを願うと、触ると御利益があるといわれる恵比寿神像の腕を触って自身の技能向上を願った。

  田川は、「境内に入った時から、とても清らかな気持ちに包まれました。祈願中に一陣の風が吹いて、なんだか背中を押されたような気持ちにもなりました。これまで、たくさんの方々とのご縁を頂いてここまで来ましたので、そのご縁を大切にして感謝しながら、さらなる躍進を続けることができたらと考えています」とコメント。

  また同曲がロングヒットとなっていることに関しては、「発売前から多くの応援のお声を頂いていて、たくさんの方々が歌ってくださっているようで、とてもうれしいです。みなさんの期待に応えられるよう、『紅白』復帰に向けてもホップステップジャンプのホップにすることができるように頑張っていきたいと思います」と意気込んだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事