テレビの裏側をコッソリ暴露! 謎の業界人集団「チーム・スパイス」の業界裏日誌

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

000

  アタシの前に座っているディレクターTが突然叫び声を上げたのよ。

  社内中が「何事か!」って騒ぎになったんだけど、聞けば元カノが結婚したっていうじゃない。
  Facebookでそれを知ったらしく、ひどく落ち込んでいたわ。
 
  別れて3年も経つっていうのに、未練タラタラ…。
  情けないわよね。
  もっとも、自分が他の女と食事に行ったことがバレたというのがフラれた原因だっていうんだから、自業自得よね。

  上司に「それぐらいのことで大声出すな!」って怒られていたけど、そりゃそうだ。 そんなモノを見る暇があるなら、企画書のひとつでも提出しろってもんよ。
  アレは、当分彼女できないだろうなぁ。
  SNSによって、アタシたちはたくさんの情報をタダで手に入れることができるようになった。

  でもその反面、知らなくてもいい情報や偽の情報まで目にするようにもなったわ。

  テレビに出てくるタレントは、顔や名前を売ってなんぼの商売。
  広く世間に知ってもらうために、SNSを駆使して仕事のことばかりでなく、プライベートまでつまびらかに披露するようになったわよね。
  「どんなお店に通っているのか?」、「どんなモノを食べているのか?」、「どんな交友関係があるのか?」など、本来隠しておくべきことまで世間にさらしちゃっている。

  それによってファンから一層の支持を受けることもあるけど、一度世間を敵に回すと、やれ「贅沢なモノを食べている!」とか、「○○のくせに生意気だ!」とか、たちまち誹謗中傷の餌食になっちゃうのよね。
  知り合いの女性タレントも、ひどいことを書かれて悩んでいたわ。

  それに出役だけじゃなくて、裏方である番組スタッフもSNSでプライベートをさらしている人もいるから、「あの番組がつまらないのは●●のせいだ」、「こんなことしている暇があったら面白いこと考えろ」なんて攻撃されることもあるのよ。
  出る杭は打っておくというのが、ネットのルールなのかしら、厄介よね。

  でも、そのSNSが番組制作の意外なところで役に立っているわ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事