• このエントリーをはてなブックマークに追加

0000001

  「NGT48」が7日、新潟市の万代地区のNGT48劇場で行われたチームNⅢ「誇りの丘」公演で、12月6日に2ndシングルをリリースすることを発表した。

  アンコール最後の楽曲『みどりと森の運動公園』を終え、メンバーが最後の挨拶をしようとした瞬間に、「特報」の文字がLEDパネルに流れ、2ndシングルリリース決定が発表された。

  前作の選抜メンバーと同じく、「チームNⅢ」のメンバー16名の名前が発表され、続いてセンターに荻野由佳が抜擢されたことが告げられると、場内は大きな歓声に包まれた。

  さらに、研究生の角ゆりあと宮島亜弥も選抜メンバー入りを果たしたことが明らかにされ、再び大きな歓声が劇場内に響きわたった。

  「チームNⅢ」の副キャプテンであり、今夏の「第9回AKB48選抜総選挙」で5位に輝いた荻野はデビューシングルのカップリング曲『出陣』でセンターを務めているものの、表題曲でのセンターは今作が初。
  同曲の選抜メンバーは、デビューシングル『青春時計』に続き、「チームNⅢ」のメンバー16名に加えて、研究生から「総選挙」で77位にランクインした角と、同じく70位にランクインした宮島の2名が初選抜され、計18名体制となる。

  キャプテンの北原里英からコメントを求められた荻野は、「正直、今、発表になってまだ頭の整理ができていなくて。もう何が何だかよく分かっていない状況ではありますが、こうして選んで頂いたからには、一生懸命『NGT48』を引っ張っていきたいと思います」と声を詰まらせながら挨拶。

  そして、「『NGT48』がより全国へは羽ばたいていけるよう、私も精一杯、一生懸命に頑張らせて頂きたいです。頑張らせてください!」と意気込んだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事