• このエントリーをはてなブックマークに追加

00001

  「SKE48」の大矢真那の卒業コンサート「SKE48 大矢真那卒業コンサート in 日本ガイシホール~みんなありがとう!」公演が24日、愛知・日本ガイシホールで行われた。

  2008年7月31日に「SKE48 オープニングメンバーオーディション」に合格し、「SKE48」の1期生として同期の松井珠理奈とともに常にグループを牽引し、9年間を走り続けて来た大矢のSKE48人生の集大成とも呼べる卒業コンサート。
  この日のセットリストは、大矢本人がスタッフと相談して練り上げた内容で、大矢の大好きな曲が詰め込まれたものとなった。

  overtureが流れ、大矢の「みんな! 楽しんでいきましょう!」という掛け声とともに総勢66人の「SKE48」のメンバーがステージに登場し、SKE48「制服の芽公演」の1曲目の『恋を語る詩人になれなくて』でコンサートは幕開け。
  続いて、『チョコの奴隷』、『意外にマンゴー』、『片想いFinally』と「SKE48」のシングルヒット曲を連続で披露し、ダンス力に定評のある「SKE48」ならではの弾けるパフォーマンスで、序盤 から一気に会場を盛り上げた。

  キャプテンの斉藤真木子に意気込みを聞かれた大矢は、「『SKE48』のアイドルとして、思い出の地のガイシホールでコンサートできることが本当にありがたいです。みなさんの体力がなくなって、ガイシから帰る時に『足がヘロヘロだよ。動けないよ。じゃんけん大会押しちゃうよ!』っていうぐらいまで盛り上がっていきましょう!」と語った。

0002

  ユニットパートでは、『女の子の第六感』を北川綾巴、松本慈子、日高優月、矢作有紀奈とともにパフォーマンスしたり、「HKT48」の『スキ!スキ!スキップ!』を、2014年2月から2015年5月まで「HKT48」と「SKE48」を兼任していた田中菜津美を交えて披露。

  また、“KD(=キッズ大好き)”として有名な大矢が寵愛してきた江籠裕奈と「SKE48」の年少組メンバー(上村亜柚香、水野愛理、石川咲姫、石黒友月、倉島杏実)と一緒に『狼とプライド』でキュートなパフォーマンスを魅せると、大矢を慕う“まさな会”のメンバーの青木詩織、内山命、大場美奈、松村香織、斉藤の5人は大矢と一緒に自転車で会場を回りながら『だって 雨じゃない?』を披露した。

  ライブ中盤では、大矢が「アンダーガールズ」入りした「AKB48選抜総選挙」の映像を振り返り、「アンダーガールズ」として歌唱した楽曲『さよならサーフボード』、『誰かが投げたボール』、『愛の意味を考えてみた』、『なんてボヘミアン』、『抱きしめちゃいけない』、『涙のシーソーゲーム』の6曲をメドレーでパフォーマンス。

  後半は、AiiAの「SKE48 Passion For You」のCM 選抜で1位を獲得し、自身にとって初のセンター曲『望遠鏡のない天文台』をファンへの感謝の気持ちを込めながら熱唱した。
  さらに、『Escape』でキレのあるダンスを魅せ、大矢初のユニット曲となる『チョコの行方』はメンバー全員で披露。

0003

  本編ラスト曲となる「SKE48」の1期生の楽曲『神々の領域』では、同期の珠理奈と2人で手を繋いでステージに登場し、「SKE48」メンバー66 名全員でパフォーマンスするも、曲の終盤で大矢がステージを去ると、珠理奈は涙で顔を歪ませながら歌い続けた。

  会場中に響き渡る“まさなコール”で始まったアンコールは、大矢の卒業曲『永遠のレガシー』でスタート。
  大矢は自身のメンバーカラーである青色と白色のスティックライトに照らされた客席を見渡して涙を流しながら、「みなさん本当に9年間、ありがとうございました。心の底から幸せでした。メンバーもみんな、ありがとう。バイバイ!」と手を振ってステージを降りた。

  だが、次の『未来とは?』で珠理奈が「まだまだ、真那と一緒に歌いたいです。真那ー!?」と声を掛けると、⼤矢が「はーい!」と返事して再びステージへ。

  斉藤から「戻って来ちゃっいましたね」と聞かれた大矢は「どうしても最後はみんなと一緒にステージで歌いたいなと思って!」と明るくマイペースな発言を口にし、珠理奈が感動的な言葉を送っていると、突然しゃがみ込んで「足つったー!」と話の腰を折り、他のメンバーから総ツッコミを受ける場面も。

  珠理奈が仕切り直して、「9 年間、近くに『SKE48』メンバーがいなくて、寂しいなと思うことが多くて。そんな時に真那はいつでも、遠くにいても、私のことを見てくれていて。『正直、もう無理だなぁ』と思う時にメールや電話をくれたり、ご飯に誘ってくれたり、いつでも真那が見てくれていたから、私はその寂しさと戦えたんじゃないかなと思いました。だから、真那が卒業してメンバーが近くにいなくなっても、これから私が真那のことを見守っていきたいなと思います。真那、これからもよろしくね!」。

  これに対して、大矢は「分かった~! ありがとう!」としんみりとした雰囲気を一転させるらしいコメントで会場を沸かせた。

  その後、大矢は「メンバー、スタッフさん、ファンのみなさん、9年間支えてくださり、本当にありがとうございました。私はここで区切りをつけないと、50 歳まで居ちゃいたいくらい『SKE48』が好きだから、ここで区切りをつけます。『SKE48』でやり切ったことは何もありません。いや、『やり残したことは何もありません!』でした…」と、またもや痛恨の言い間違いで会場の笑いを誘った。

0004

  アンコールラストの『大好き』では、「AKB48」を今年2月に卒業した小嶋陽菜から「真那、大好き! 卒業おめでとう~!」とのお祝いの映像が寄せられ、「SKE48」のメンバーからも『まさな♡大好き』と書かれたメッセージ入りの横断幕を贈られ、突然のサプライズに大矢も「みんな、ありがとう」と瞳をうるませた。

  最後に一人ステージに残った大矢は、会場をぐるりと1周すると、ファンに向けて笑顔で手を振り別れを惜しんだ。
  そして、ステージからマイクを使わずに「この景色を目に焼き付けて帰ります。まだ卒業の日まではあるので、みなさんとの思い出を作っていきたいと思いますので、あと少しの応援よろしくお願いします」と呼び掛けた。

  終演後、大矢は「これが自分にとって『SKE48』として最後の大きなコンサートだと思ったら泣いちゃいました。卒業を実感したのは『永遠のレガシー』歌っている時。その後、みんなで踊り出したら、卒業の実感がなくなったというか、あの一曲で泣いたぶん、気持ちは晴れやかで、まだまだいたいグループだと再確認しました」。

  続けて、「今日は本当に感動して。(ファンが)サイリウムを曲に合わせて変えてくれる姿が愛おしく、温かくて。メンバー思いで優しい方が『SKE48』のファンには多いと思いました」と話した。

  なお、大矢のSKE48劇場での卒業公演の日程および今後の活動については、決まり次第「SKE48」のオフィシャルサイトで発表されるという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事