• このエントリーをはてなブックマークに追加

0001

  「AKB48グループユニットじゃんけん大会2017~絆は拳から生まれる!~」が24日、愛知・日本ガイシホールで開催され、「HKT48」の荒巻美咲と運上弘菜による2人ユニット「fairy w!nk」が優勝を果たした。

  今開催から、これまでの個人戦からユニット戦として開催された通算8回目の「じゃんけん大会」。
  この日は、8月に行われた予備戦を勝ち抜いた48組が決戦の地に集結した。

00002

  激闘は「Aブロック」の「NMB48」のユニット「nyamm(ニャム)」が、「NGT48」の研究生ユニット「るぷれのん」に勝利した戦いで幕が開いた。
  一昨年の大会覇者である「AKB48」の藤田奈那が率いる伝説の非公式ユニット「おかぱーず」は奇跡の復活を果たして期待が高まるも、1回戦であっさりと姿を消すことに。
  また、不思議な力を持つという「NGT48」の高倉萌香にすべてを託した「こけしシスターズ」も3回戦までは勝ち進むも、ブロック決勝まではたどり着けなかった。

  予備戦での「チーム8」との大人数対決を制し、本戦参加ユニットの中で最大人数を誇る「AKB48」の16期生の18人によるユニット「16(いろ)えんぴChu!」は、代表してじゃんけんをするメンバーの背中に全員が手をかざしてパワーを送る作戦に。
  この作戦で1回戦は突破するも、「パンダの風船を18人の倍の36個用意してきた」という「SKE48」の白井琴望の前に2回戦で敗退する結果となった。

  そして、白井は勢いそのままに「Aブロック」決勝戦でも勝利し、決勝トーナメント進出をいち早く決めた。

0003

  「Bブロック」では「じゃんけん大会」の楽しみの一つでもあるメンバー考案のオリジナル衣装も大会を彩った。

  「NMB48」の井尻晏菜と溝川実来の「はんなり姉妹」は、着物姿に和傘を携えて艶やかに登場。
  グループの垣根を超えたドラフト1期生コンビの「SKE48」の惣田紗莉渚と「NMB48」の磯佳奈江による「いっそーだ」は、それぞれが愛するプロ野球とプロサッカーチームのユニフォームをイメージした衣装でブロック決勝まで進む快進撃を見せた。

  一瞬個人名のようにも思える「AKB48」のメンバーによるユニット「宝央雅子」(達家真姫宝、大川莉央、飯野雅、田北香世子)は、各グループの次期エース候補が集まった「ニコニコ」を潰すために来たと宣戦布告するも撃沈。
  そんな中、“21世紀のWink”を目指す「HKT48」の荒巻と運上による笑わないユニット「fairy w!nk」が、クールにBブロックを制した。

0004

  「Cブロック」は、ファンの間でも何かと注目度の高いユニットが目白押しとなった。

  「SKE48」の大場美奈、高柳明音、松村香織が某CMキャラクターに扮した「サンタロウ」は、今回のすべてのユニットの中で一番予算がかかっていたというものの、初戦であっさり敗退し、金太郎姿の松村は悔しさのあまり絶叫した。

  111文字のユニット名「秋の放課後、新校舎の体育館で一人バトンの練習に汗を流す加藤美南を屋上から博愛の眼差しで見守りながらふと飛行機雲をみつけた矢吹奈子をみて美術室にこもり『芸術とは何か?』と難解な問題に頭を悩ませていた自分に笑顔が戻る白間美瑠。」は、長いユニット名ながらも初戦で敗退。

  「AKB48」の柏木由紀、「HKT48」の指原莉乃、「AKB48」の峯岸みなみの3人ユニット「サンコン」は、「余りもの選抜」の「HKT48」の村重杏奈から「指原来い!」と挑発を受けつつも返り討ちに。
  続く2回戦ではフレッシュな「STU48」のメンバーによる「門石石」を退け、指原は「パワハラですよ、これ」と自虐コメントを披露して笑わせた。

  その一方で、3回戦でも「若手が勝ち取る!」と意気込んだ「NMB48」の若手メンバーによる「song’s」を撃破。
  図らずも若手の下剋上を一切許さず、ブロック決勝まで勝ち進んでしまい、3人揃って申し訳なさそうな表情を浮かべた。
  そんな「サンコン」は決勝で「NMB48」の村瀬紗英と矢倉楓子のユニット「ふぅさえ」に負け、指原は「正直、ホッとしています」と安堵した様子だった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事