• このエントリーをはてなブックマークに追加

00003

  女優・綾瀬はるかと俳優・坂口健太郎がW主演を務める「今夜、ロマンス劇場で」の追加キャストが発表された。

  同映画は、映画監督を夢見る純朴な青年・健司(坂口)と、モノクロ映画の中から現れた王女・美雪(綾瀬)のラブストーリーを描いた作品。
  「テルマエ・ロマエ」シリーズの武内英樹氏が監督を務める。

  今回、本田翼が健司へ密かに思いを寄せる映画会社の社長令嬢・成瀬塔子、北村一輝が撮影所の大スター・俊藤龍之介を演じることが明らかに。
  また、中尾明慶、柄本明、石橋杏奈、加藤剛などの出演も発表された。

  1960年代のレトロなファッションに身を包み、美雪と健司を奪い合う塔子を演じる本田は、「今回は社長令嬢という役柄、そして時代背景も経験したことない設定でしたので、自分にとってはすべて新たな挑戦の作品でしたが、監督から細やかなアドバイスを頂き撮影に臨むことができました」。

  続けて、「またクラシカルで上品な衣装が多く、身につけるだけで作品の世界に自然に入りこめたと思います。切ない想いを抱える控えめな女性を精一杯演じさせて頂きました。完成が今から楽しみです」と話している。

  北村は「まず台本を読んで泣きました。そして年代問わず楽しめる、王道のラブストーリーです。私は『蒲田行進曲』の銀ちゃんのような役どころで、監督のアイディアでインパクトのある俊藤龍之介に仕上がっています。そのあたりも楽しんで頂ければうれしいです」とコメントしている。

©2018「今夜、ロマンス劇場で」製作委員会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事