• このエントリーをはてなブックマークに追加

0000001

  元「AKB48」で演歌歌手の岩佐美咲が17日、東京・江東区の東京国際交流館・国際会議場で開催された東京湾岸警察一日署長の委嘱式に出席した 3年ぶり2度目の一日警察署長を務める岩佐は、女性警察官の制服姿を披露。

  ミニコンサートでは振袖姿に着替えて、最新シングル『鯖街道』や「AKB48」のヒット曲『恋するフォーチュンクッキー』の演歌バージョンなど全6曲を熱唱した。

  岩佐は、「この衣装が可愛くて、着られるのを楽しみにしていました」とニッコリ。 普段から防犯として気を付けていることを聞かれると、「夜に歩く時とかは音楽を聞きながらだと危ないので止めるようにしたり、携帯電話をイジりながら歩かないように気を付けています」と明かした。

  以前に警察にお世話になったこともあるそうで、「良い意味でお世話になったんですけど…」と苦笑交じりに前置きしつつ、「携帯電話をタクシーの中に忘れてしまったことがあって。レシート(=領収証)を持っていたので電話を掛けようと思って、家の近くの交番に電話を借りるつもりで行ったら、(警察官がタクシー会社との)やりとりまでしてくださって有難かったです」と感謝した。

   岩佐といえば、8月にブラジルでの公演も行ったが、「いや~、遠かったですね」とハニカむと、「距離としてはスゴい遠いのに、私のことを知ってくださる方もいらっしゃって。距離を感じさせないくらい楽しかったです。機会があったらまた行きたいです!」。

  9月には米サンフランシスコのイベントに招かれてステージを行ったが、「握手会をやらせて頂いたのですが、チケットが完売になって。日本よりも人気があるんじゃないかなと」と話して笑わせた。

  古巣の「AKB48」では渡辺麻友が今月末に卒業コンサートを開催するが、「(派生ユニットの)『渡り廊下走り隊7』で一緒で、まゆゆさんを最後に全員が(AKB48グループを)卒業するので、感慨深いですし、あっという間だなと」としみじみ。

  そのうえで、「ドラマとかで女優さんをやられているのを見て、アイドルとはまったく違う顔でスゴいなと思っていて。いちファンとして寂しさもありますけど、これからそういう姿をたくさん見られると思うので、楽しみもあります」と話した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事