• このエントリーをはてなブックマークに追加

000003

  テレビ朝日系オーディション番組内で熾烈なメンバー入れ替えバトルが繰り広げられている究極のアイドルグループ「ラストアイドル」の暫定メンバーと、セカンドユニット「Good Tears」が25日、東京・タワーレコード渋谷店で初の握手会を行った。

  この日のイベントは、「ラストアイドル」の暫定メンバーでセンターの阿部菜々実によるあいさつでスタート。

  阿部は、「みなさんこんばんは、ラストアイドルです! 私たちは12月20日に、ユニバーサルミュージックからデビューする7人組のアイドルグループ、ラストアイドルの暫定メンバーです。なぜ暫定かと言いますと、私たちは今オーディション中で、この7人でデビューするかどうかまだ決まっていません。今日は短い間ですが、みなさん応援よろしくお願いします」と話した。

  そして、「ラストアイドル」が『バンドワゴン』、「Good Tears」が『涙の仮面』をそれぞれ披露。
  観客を前にパフォーマンスするのは、今月22日のお台場でのハロウィーンイベントに続き2回目だが、メンバーたちは堂々と伸びやかで振りの揃ったパフォーマンスでファンを釘づけにした。

  自己紹介では、メンバーそれぞれが今後に向けての抱負と応援への願いを精いっぱいアピール。

  「ラストアイドル」の暫定メンバーの吉崎綾は、「私たち『ラストアイドル』のデビューシングル『バンドワゴン』は12月20日に発売なのですが、その時このメンバーでデビューするかはまだ分かりません。絶対にまたみなさんの前に立てるように頑張りますので応援よろしくお願いします!」と訴えた。

  「Good Tears」の相澤瑠香も、「私たちはオーディションで敗れてしまった5人組ですが、ユニットを組ませて頂いて、たくさんの方の前でライブさせて頂いているということで、頑張っていきたいと思います」と抱負を語った。

  パフォーマンス後は、初めての握手会を実施し、“ラストアイドルファミリー”の15人が一堂に会して約1000人のファンとの交流を楽しんだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事