• このエントリーをはてなブックマークに追加

00006

  歌手のMay J.が5日、東京文化会館・大ホールで「billboard classics May J. Premium Concert 2017 ~Me, Myself & Orchestra~」を行った。

  このビルボードクラシックスは、ビルボードが最高のパフォーマンスとともにクラシック音楽の新しい魅力を披露するために開催されているコンサートで、May J.と東京フィルハーモニー交響楽団・ビルボードクラシックスオーケストラが共演。
  May J.は、これまでオーケストラと共演したステージはあったが、単独のコンサートとしては初となる。

  『Sparkle』、『ふたりのまほう』をオーケストラバージョンで歌い上げたMay J.は、「何年か前からこのようなフルオーケストラと共演させて頂く機会が増えまして、今回は初めての単独フルオーケストラライブということで、自身の曲でもフルオーケストラで歌ってみたい曲がたくさんありましたので、今日という日を迎えるのをとても楽しみにしていました!」とMCで意気込みを語った。

  続いて、ホイットニー・ヒューストンの名曲『I Will Always Love You』や『Time To Say Goodbye』、アンジェラ・アキの作詞、作曲、サウンドプロデュース、八代亜紀とのデュエットが話題になった『母と娘の10,000日 ~未来の扉~』、作詞をつんく ♂、作曲を小室哲哉という最強タッグで話題となった『Have Dreams!』などを歌唱。

  本編最後の曲は、先週リリースしたオリジナルアルバム『Futuristic』のリード曲として自らが作詞、作曲した『My Star 〜メッセージ〜』を壮大なオーケストラバージョンで披露した。

  公演を終えたMay J.は、「初めての単独のフルオーケストラライブ、とても楽しみにしていて、リハーサルの時からワクワクしていました。自分の曲がフルオーケストラでこうやってみなさんに披露することができて本当に幸せです!」と喜びを語った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事