• このエントリーをはてなブックマークに追加

00001

  毎週土曜日の深夜にテレビ朝日系で放送中の同名番組内にて熾烈なメンバー入れ替えバトルが繰り広げられている究極のアイドルグループ「ラストアイドル」の暫定メンバーと、2番目のセカンドユニット「シュークリームロケッツ」が初参加した握手会が6日、東京・タワーレコード渋谷店で行われた。

  同番組はオーディションで選ばれた7人の暫定メンバーが、挑戦者と毎回メンバー入れ替えバトルを行い、最終的に勝ち残ったメンバーが作詞家・秋元康氏のプロデュースのもと、12月20日にメジャーデビューするというオーディション番組。

  11月4日の放送では、入れ替えバトル敗退メンバーによる3人組のセカンドユニット「シュークリームロケッツ」が番組に登場し、新曲『想像上のフルーツ』を初披露した。
  同ユニットは、「Good Tears」に続く2つ目のセカンドユニットとなる。

  この日のイベントは、「みなさんこんばんは、ラストアイドルです! 私たちは12月20日に、ユニバーサル・ミュージックからデビューする7人組のアイドルグループ、ラストアイドルの暫定メンバーです。なぜ暫定かと言いますと、私たちは今オーディション中で、この7人でデビューするかどうかまだ決まっていませんが、みなさん応援よろしくお願いします!」というメンバーたちのあいさつでスタート。

  「ラストアイドル」は『バンドワゴン』、「シュークリームロケッツ」は『想像上のフルーツ』をそれぞれ披露。
  観客を前にパフォーマンスするのは、「ラストアイドル」は2週間前の初握手会以来、「シュークリームロケッツ」はこの日が初となった。

  「シュークリームロケッツ」の松本ももなは、「みなさんと一緒にロケットをスタートさせたいです!」。

  「ラストアイドル」の暫定メンバーの鈴木遥夏は、「ここにいる会場内のたくさんのファンの方々と一緒に盛り上がれてすごく楽しかったです!」と語った。

  今回がイベント初参加となった「ラストアイドル」の暫定メンバーの大石夏摘は、「初めてのライブですごく緊張しましたが、本当にファンのみなさんありがとうございました!!」。

  「シュークリームロケッツ」の長月翠は、「(メンバー)3人ですごく緊張していたのですが、ファンのみなさんがこんなにいっぱいワ~ッてやってくれたのですごくうれしかったです! ありがとうございます!!」と感謝した。

  パフォーマンス後は10人全員揃って握手会を実施し、ファンとの交流を楽しんだ。

Photo by Yoshifumi Shimizu

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事