岩佐美咲

 「AKB48」の岩佐美咲が30日、東京・浅草公会堂で行った単独コンサート「岩佐美咲ファーストコンサート~無人駅から 新たなる出発の刻~」でグループからの卒業を電撃発表した。

 21歳の誕生日に、自身初の単独コンサートのステージに立った岩佐は、最新シングル『ごめんね東京』やサードシングル『鞆の浦慕情』など全21曲を熱唱。

00003
 コンサート終盤には、ギターの弾き語りのほか、「AKB48」の元メンバーでピアニストの松井咲子が登場し、岩佐が松井のピアノ伴奏にあわせて『履物と傘の物語』などを歌うシーンもあった。

 そして迎えたアンコールで岩佐は、「私、岩佐美咲は『AKB48』を卒業します。『AKB48』だから応援してくださる方も多いのは分かっていますし、厳しい状況になるのは分かっているのですが、演歌の道一本でやっていきたいという気持ちが強くなって。日に日に演歌、歌謡曲への愛が強まっていく中、決断しました」とグループからの卒業を電撃発表した。

0002

 公演終了後、岩佐はコンサートを振り返って、「本当に楽しくて、お客様全員が私を見てくれているのが改めて幸せだなと」としみじみ。
 昨夏から卒業を意識していたそうで、「たくさんの人に出会えたし、演歌歌手としてデビューできたのも、すべて『AKB48』のおかげなので、本当に感謝しています」。
 続けて、「そんな『AKB48』を飛び出すことには不安もありますけど、それ以上に楽しみも大きくて。『卒業してからの方が輝いているね』と言われるように頑張ります。21歳は、演歌歌手の岩佐美咲として、精いっぱい頑張っていきたいと思います」とさらなる飛躍を誓った。
 卒業時期に関しては、「今、(自身が所属している)『チームB』が人手不足なので。暖かくなってからでしょうか…」と春頃を想定していることをほのめかした。
 また、卒業までにやっておきたいことを聞かれると、「今のうちにカワイイ衣装を着たり、アイドルという職業を楽しみたいです」。
 卒業後に恋愛が解禁になることには、「ゲーム機が恋人なので。まずは外に出ることからかなと」とハニカんだ。

関連記事