• このエントリーをはてなブックマークに追加

00003

  俳優・財木琢磨が12日、「財木琢磨 香港ファンミーティング」を香港の理大蒋震劇院で開催した。

  財木は、2012年に「第25回ジュノンスーパーボーイコンテスト」でフォトジェニック賞を受賞。
  2014年にはミュージカル「テニスの王子様」の3rdシーズン で8代目手塚国光役を、2017年にはミュージカル「『刀剣乱舞』~三百年の子守唄~」で大倶利伽羅役を演じ、今年10月からスタートしたBS-TBSドラマ「水戸黄門」では助さん(佐々木助三郎) 役として出演するなど活躍を見せている。

  海外でのファンイベントは今年6月の台湾に続き2回目となったが、この日のイベントには香港、中国本土、日本からファンが集まり、230席が満席となった。

  ブルーのシャツに濃紺のジャケット姿で登場した財木は、「かなり練習してきたつもり」という広東語でまずはファンにあいさつ。

  司会者が通訳をしながらのトークではあったが、会場ではファンが爆笑したり、会話のやりとりやゲームで盛り上がるなど終始和やかなムードとなった。

  ゲームでは「楽屋を見ちゃおう」と本人の楽屋を見せて、そこからクイズを出題し、正解者に特別プレゼントが贈られるコーナーも。

  またジャンケン大会では、財木本人が書いたラブレターをプレゼント。
  さらに、ラブレターに書いた内容をささやいてあげるというサービスには、会場中から黄色い歓声が上がり大盛り上がりとなった。

  途中、歌のリクエストという司会者からのムチャぶりもあり、財木は「歌は恥ずかしいから…」とテレながらも急きょアカペラで歌唱してハニカんだ。

  質疑応答のコーナーでは、財木本人が質問者の席に行って答えるという神対応も。
  これまで出演した舞台についての質問や今回、香港を訪れた感想などさまざまな質問にも丁寧に回答した。

  財木は「うまく答えが伝わったかどうかは不安ですけど、面白くて僕が楽しかったです」とイベントを楽しんだ様子。

  最後は来場者一人ひとりと2ショット写真撮影を行い、1人ずつ笑顔でお見送りをして香港でのファンミーティングを終えた。

  イベントを終えた財木は、「とても楽しかった。遠くから来てくれた人たちはまた時間を掛けて帰るわけだから、帰るその間もこのイベントを思い出してもらえるといいなぁ~」と名残惜しそうな表情を見せて、「海外でのファンミーティングは今後もやっていきたいです」と語った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事