和田アキ子

 2016年の年明けからセンセーショナルな話題を振りまいた「SMAP」の分裂騒動。
 世間の注目度の高さは言うまでもないが、国民的アイドルグループの解散危機は芸能界にも大きな波紋を広げた。

「最近でこそ、ベッキーと『ゲス極』の川谷の不倫騒動が“盛り返して”いますが、ハッキリ言ってあちらは極私的な惚れた腫れたの話ですからね。業界内での注目度で言えば、『SMAP』の圧勝でしょう。実際、テレビ番組の収録現場でも空き時間になると、『SMAPはどうなっちゃうんだろう?』なんて会話がひそひそとではありますけど飛び交っていましたからね」とは芸能プロダクションマネジャー。

 とはいえ、さすがに騒動の当事者が天下のジャニーズ事務所と大物グループのメンバーということで、表舞台に立っている演者たちは、あらぬトバッチリを避けるべく、公の場での発言には慎重を期していたようだ。

 普段は歯に衣着せぬ過激な発言や毒舌で鳴らす人気タレントたちも、大半は「頑張ってほしいですね」などといった無難なコメントに終始。
 とくに、騒動発覚直後の両者の形勢が見えない時期は、みな慎重に言葉を選んでいた観がある。

橋本マナミ

 そうした中、見事な“神対応”を見せたと言われているのが、橋本マナミだ。
 橋本といえば、最近は“愛人キャラ”でブレーク中だが、騒動の渦中に出演したイベントで「SMAP」の分裂騒動について報道陣からコメントを求められると、メンバーの中居正広、草彅剛、稲垣吾郎と共演経験があることを明かしつつ、「『SMAP』の方は、あまり私に興味を示して頂けなかったです」と色っぽく微笑み、とことん愛人キャラのスタンスを貫いてみせた。
 結果、一部の「SMAP」ファンからは「便乗するな!」といったバッシングを受けた(※そもそも橋本本人は報道陣に話題を振られて答えただけなのだが…)ものの、その発言はネット上などで話題となり、自身のキャラや知名度をより高めることに成功した。

関連記事