• このエントリーをはてなブックマークに追加

00004

  演歌歌手・山川豊が26日、都内で「♪第3回みんなで歌おう! カラオケ王決定戦」と銘打ったカラオケ決勝大会を行った。

  同大会は、『螢子』、『再愛』、そして今年6月発売の『黄昏』の「男の純愛シリーズ」3作の連続ヒットを記念して行われたもの。
  最新シングル『黄昏」』の購入者を対象に、「純愛シリーズ」表題曲、カップリング曲の全6曲を課題曲にして実施したところ、3000通を超える応募があり、その中から厳正なる審査によって選ばれた全15人がこの日の決勝大会に出場した。

  抽選で選ばれた50組100人の観客が審査員を務める中、山川は「今回は、たくさんの方に応募して頂きまして心から感謝申し上げます。選ばれた15名の方ですので、歌が上手い方ばかりだとは思いますが、楽しんでリラックススして歌ってください」とあいさつ。

  15人の出場者たちは日頃から鍛えてきた歌唱力と個性をそれぞれに発揮しながら競い合った結果、『黄昏』を歌った神奈川・横浜市在住のカラオケ認定講師・佐藤かつよしさん(66)が優勝。
  第2位は、東京・日の出町在住の浜中朝代さん(53)に決定した。

  優勝した佐藤さんは、これまでにも数々のカラオケ大会に出場して何度も優勝経験はあるが、「山川豊さんの歌でカラオケ大会に出場するのは初めてでしたので、その山川さんの曲を歌って優勝できて大変うれしいです」と感激しきりの様子だった。

  審査発表の間にはミニコンサートも行われ、山川は不器用なまでに一人の女性を愛し続ける男をテーマにした「男の純愛シリーズ」から『螢子』、『再愛』、『黄昏』、各カップリング曲、それに代表曲『アメリカ橋』の全7曲を熱唱。

  その中で、毎年恒例となった「山川豊が選ぶ『今年の漢字』『山川豊 2017年重大ニュース」を発表。

  「2017年重大ニュース」は、「3月29日=デビュー35周年記念コンサート『心より感謝を込めて…』DVD発表(初のコンサートDVD)」、「4月16日=長良グループ演歌まつり2017 in沖縄 大成功!」、「6月14日=デビュー36年目で初めて故郷『三重県鳥羽市』のご当地ソング『潮騒』発表、「7月21日=平尾昌晃先生逝去」、「7月25日=昨年勝手に制定した『山川の日』今年も開催(今年は卓球にチャレンジ)」、「10月9日=離島イベントシリーズ第2弾 地元『神島』で開催」。

  そうした中、山川は「今年の漢字」を「体」と発表し、「来年は還暦ですので、そろそろ自分の体を気にする年齢になりました。今、僕が凝っているのはハチミツです。毎日、ハチミツと青汁を飲んでいます。体が健康でないといい歌は歌えませんからね。みなさんも体に気をつけて頂きたいと思います」と理由を明かした。

  大会終了後、山川は「自分の歌をみなさんが歌ってくださるのは歌手冥利に尽きますね。今日出場されたみなさんはそれぞれの個性で歌っていらっしゃったので、とても勉強になりました」。

  来年の「山川の日」の話題になると、「来年はまだ決まってはいませんが、東京オリンピックが2020年にありますので、超一流のアスリートと対戦するとか、水泳なんかもいいですね」と話していた。

  なお、来年1月1日に「男の純愛シリーズ」の『螢子』、『再愛』、『黄昏』の3曲を収録した「黄昏」スペシャル・パッケージの発売も決定した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事