• このエントリーをはてなブックマークに追加

00009

  来年デビュー48周年を迎える歌手・野口五郎が25日、「GORO NOGUCHI CONCERT TOUR 2017 Take it easy ♪気楽に行こうよ♪ 」と題したコンサートを大阪サンケイホールブリーゼで開催した。

  エレクトリックギターとクラシックの融合曲『悲愴(ベートーベンソナタ)』でスタートし、ヒット曲の『私鉄沿線』を始めとする21曲を歌い上げて会場を盛り上げた。

  途中のMCでは、1971年5月のデビューからリリースしたシングル63作品、オリジナルアルバム26作品、ライブ盤、記念アルバム盤、数百曲の中からファンの投票で10曲選び、その10曲をリアレンジ(新録)、歌唱、演奏する企画アルバムが来年2月14日に発売されることが発表された。

  野口は、「このアルバムは、デビューして47年間、僕と歩んできたみなさんの投票で決まるアルバムです、1曲1曲がみなさん想い出ある曲だと思います。僕、野口五郎がこの47年連れ添ってきた曲の数々だからこそできること、そして自分で自分の曲をカバーできるのはとてもうれしいことです。みなさんも聞き比べてください。曲によってはアナログ時代の曲をデジタル時代の曲に蘇らせることを考えたアルバムです。みなさまが投票頂く特別サイトを作りましたのでぜひ投票をよろしくお願い致します」とコメントした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事