• このエントリーをはてなブックマークに追加

00001

  「第7回AKB48紅白対抗歌合戦」が10日、東京ドームシティホールで行われた。

  AKB48グループの年末の風物詩である「AKB48紅白対抗歌合戦」が今年も開催された。
  これまでは各グループ混合で「紅組」、「白組」それぞれの組に分かれていたが、今年は「紅組」を「AKB48」、「SKE48」、「NGT48」、「白組」を「NMB48」、「HKT48」、「STU48」と東西のグループに分かれての初の試みとなった。
  さらに、すべての楽曲が生演奏で披露され、より歌合戦らしいイベントとなった。

00002

  序盤から「HKT48」の指原莉乃たっての希望で「モーニング娘。’17」との共演が実現し、「サシニング娘。」としてリリースした『Get you!』などを披露し、会場は異様な熱気に包まれた。

  指原はいつもと違って緊張気味の様子だったが、パフォーマンス後には「『AKB48』に入ってダントツに幸せ!」と満面の笑みを浮かべた。

  他にも、「NGT48」が15周年目に突入した新潟のアイドルの大先輩「Negicco」と、「SKE48」が「チームしゃちほこ」と、「NMB48」が「たこやきレインボー」と共演。
  同じ活動拠点を持つアイドル同士のコラボが立て続けに実現し、大盛り上がりとなった。

0003

  他のアイドルグループとのコラボに続いては、一転して落ち着いたテイストに。
  「STU48」の瀧野由美子がサックスで「僕らの音楽」のオープニングテーマを披露し、アンプラグドでの対決に。 「AKB48」が『恋するフォーチュンクッキー』をBOSSAバージョンで披露するなど、各グループがしっとりと歌い上げ、いつもと違ったパフォーマンスで観客を魅了した。

00004

  中盤は、大人のムードで対決。 「NMB48」の山本彩が稲垣潤一とのデュエット『過ち』を、「NGT48」の中井りかは最新シングル『世界はどこまで青空なのか?』に収録された「ロス・インディオス」との『抱いてやっちゃ桜木町』をそれぞれ披露。

  後半は、それまでのゲストとのコラボやアンプラグドから、いつものようなパフォーマンスで、各グループの最新曲で盛り上げた。

  「AKB48」の向井地美音と小栗有以は、年内でグループを卒業する渡辺麻友の卒業ソング『サヨナラで終わるわけじゃない』を、審査員として参加している渡辺のそばに行って熱唱。

  歌唱中、小栗は感極まって涙を流す場面もあったが、渡辺は「2人の姿が心に響きました。期待している後輩が歌ってくれて感動しました」と目を細めた。

  クライマックスは、AKB48グループの楽曲を離れてカバー対決に。

  「SKE48」の松井珠理奈と小畑優奈がイルカとともに『なごり雪』をオーバーオール姿で披露すれば、「NMB48」の白間美瑠はロック曲『チェインギャング』を押尾コータローのギター演奏とともに力強く歌い上げた。

  また、「AKB48」の柏木由紀は『飛梅』を「VOJA-tension」とコラボしてアカペラで熱唱してみせた。

  ラストは、キャプテン対決となり、「紅組」キャプテンの「AKB48」の横山由依は、栗本柚希と『Chandelier』を披露。
  2人のデュエットに会場は大盛り上がりだったが、歌唱後に栗本の推しメンが対戦相手の山本であることが判明してしまうまさかの展開に。
  最後に栗本は気を遣ってか、横山に"推し変“していた。

  大トリは、「白組」キャプテンの山本が、榊いずみとともに『失格』披露。
  2人は迫力あるギター演奏と熱唱で圧巻のパフォーマンスを見せた。

00006

  結果は「紅組」が勝利し、通算成績を「紅組」の3勝、「白組」の4勝とした。 そして最後はファンへの感謝の気持ちを込めて『Happy Xmas(War Is Over)』を全員で歌い、今年最後のAKB48グループとしてのコンサートを締めくくった。

  なお、この日のコンサートでは、2つの海外プロジェクトが発表された。

  11月29日に神奈川・横浜アリーナで開催された「2017 MAMA in Japan」で、韓国ナンバーワン音楽チャンネル「Mnet」が展開している国民がアイドルメンバーを選抜する「PRODUCE101」と「AKB48」がコラボしたプロジェクト「PRODUCE48」が始動するが発表されていたが、新しい女性アイドルグループが結成されることが決まり、そのメンバーオーディションにAKB48グループの全メンバーが参加できることが追加発表された。
  立候補期間は、12月15日から来年1月10日までで、1月から1次オーディションがスタートする。

  また、世界的な人気を誇る海外ドラマ「レベルテ」やポップアイドルグループ「RBD」のエグゼクティブプロデューサーを務めたペドロ・ダミアン氏がVTRで登場。
  「レベルテ」に続く、新しいテレビドラマシリーズ「L.I.K.E」の制作とその主要キャスト4人のうちの1人を日本人女性キャストとし、AKB48グループのメンバーから選出されることが明かされた。

  選出されたメンバーは、ドラマに出演するとともにポップグループとしてデビューすることも決定しており、1年間海外留学することになるという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事