• このエントリーをはてなブックマークに追加

清原和博

 2月2日に覚せい剤取締法違反(所持)の疑いで逮捕された元プロ野球選手の清原和博容疑者。
 そもそも清原容疑者の薬物疑惑に関しては業界内では数年前から噂になっていた。

「14年に『週刊文春』が実名で疑惑を記事化して話題を集めましたが、清原と薬物の関係についてはその前から有名でしたからね。実名を出して報じたことは『スゴイな』と思う反面、記事の内容については『まあ、そんなところだろうね』というのが素直な感想でした。逆に『文春』さんが疑惑を大々的報じたことで、本人も心を入れ替えてクスリと決別するかなと思ったし、実際に一時期は『クスリ抜きをしている』という噂もありましたが…、やはりクスリの常習性は怖いですね。結局、清原は止められず、昨秋あたりには『ついに清原が覚せい剤で挙げられるらしい』という情報が流れて、テレビ局も社会部を中心に動向を追っていたのでしょう。結果、ああいう映像が用意されていたわけです」とはスポーツ紙デスク。

 その一方で、警察当局は清原容疑者の逮捕に向けて、かなり綿密に計画を練っていたようだ。

「『文春』さんの報道以前から、薬物案件で逮捕された一部芸能プロダクション関係者の供述や売人ルート、清原容疑者の女性関係のタレコミをもとに水面下で捜査を始めていました。芸能関係者に対しては、清原容疑者本人も自分のことをペラペラ話していると耳に入っていたようで、『アイツはあかん。秘密も守れん女みたいなヤツや!』と周囲にグチッていたという情報も入っていました。とはいえ、薬物案件は“現逮(=現行犯逮捕)”しないといけないので、いくら情報ばかりあっても家宅捜査のタイミングを間違えたらアウト。すでに報じられているように、自宅から出でゴミから覚せい剤の成分を検出するなど、タイミングには慎重を期しました」とは警察関係者の談。

 とはいえ、気になるのは何故、清原容疑者の逮捕前にテレビ局がすべては”想定内”とばかりに、逮捕直前のプライベート映像や直撃取材の映像を事前に用意できていたかという点だ。
 警察当局の水面下の綿密な捜査とは、相反する現象にも思えるが…。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事