• このエントリーをはてなブックマークに追加

00001

  「AKB48」の渡辺麻友が26日、東京・秋葉原のAKB48劇場で卒業公演を行った。

  渡辺は、2006年に「第三期AKB48追加メンバーオーディション」に合格し、翌2007年に「チームB」のメンバーとして劇場公演デビュー。
  同年の「AKB48」の4thシングル『BINGO!』で初の選抜メンバー入りを果たし、2009年7月に行われた「第1回AKB48選抜総選挙で」は4位にランクインし、そこからすべての「総選挙」でトップ5入りという快挙を果たした。

  そして、「AKB48」の“王道アイドル”の渡辺の最後の公演がこの日行われた。

00002

  公演は『初日』で幕開け。
  劇場に集まったファンは、水色の法被とツインテールの被り物で揃え、渡辺の卒業を祝った。
 
  その後、同期の柏木由紀や「SKE48」の松井珠理奈、「HKT48」の宮脇咲良ら渡辺自らが選抜メンバーとともに『オネストマン』、『BINGO!』をパフォーマンス。
  自己紹介MCに入ると、「HKT48」の指原莉乃が会場の光景を見つめながら「インスタ映えの景色だよ!」と渡辺のファンの想いを讃えた。

00003

  ユニットコーナーでは「NMB48」の山本彩、珠理奈との『パジャマドライブ』、渡辺が後継者として指名している向井地美音、「AKB48チーム8」の小栗有以との『君とc/w』、AKB48グループ総監督の横山由依との『夕陽を見ているか?』を披露。
  「また偉大な先輩が卒業します」と口にする横山を渡辺が優しい笑顔で見つめて、2人で抱き合う場面もあった。

  途中のMCでは、他のメンバーが渡辺とのエピソードを語り合い、小栗がいつも可愛いがられすぎてグチャグチャにされていると話せば、向井地は渡辺と小栗と3人で上海のディズニーランドに行ったことに触れて、「ディズニーでは足が速くて、(好きなアトラクションに乗って)めっちゃ泣く」と意外なエピソードも明かした。

00004

  さらに、盟友の柏木と“まゆゆきりん”として『てもでもの涙』と、柏木が「いつかまゆゆと歌いたいと思っていた」という『思い出のほとんど』の2曲を披露。 いつもは“お母さん”を名乗る柏木が歌唱中に泣きそうになると、渡辺は優しい微笑みで見つめた。

  柏木が「お姉さんの顔をしていたね」とツッコむと、渡辺は「ゆきりんの方が先に泣きそうになっていたから」とコメント。
  これに対して、柏木が「可愛い~! 大人になったね」と目を細めた。

  そんな“まゆゆきりん”のパフォーマンスを観ていた指原は、リハーサルの時から泣いていたと語り、「DVDが出たら絶対に買おう!」と完全にファン目線で話していた。

0005

  アンコールでは、渡辺のオーディションの合格時からの11年間の軌跡映像が流れ、卒業ソング『サヨナラで終わるわけじゃない』を真っ白なドレスで熱唱。
  渡辺は、途中声を詰まらせる場面もあったが、グッと口をつむんで涙を堪えて最後まで歌い上げると、ファンに向けて深々とお辞儀した。

  そして、2014年に開催されて自身が1位に輝いた「第6回AKB48選抜総選挙」の選抜メンバーによる楽曲で単独センターを務めるシングル曲『心のプラカード』を“麻友選抜”とともに披露。

  続く『約束よ』を歌い終えると、渡辺の卒業を祝いに駆けつけた同期で卒業生の多田愛佳、片山陽加、仲川遥香がステージに登場。 柏木が作ったというアルバムや心のプラカードの衣装を着たむちちなどのプレゼントを手渡した。

  横山からの手紙が読み上げられると、それまで必死に堪えていた渡辺もついに顔をゆがめて涙を流した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事