• このエントリーをはてなブックマークに追加

00001

  「NGT48」が9日、NGT48劇場がオープン2周年を迎える特別企画として、2つのギネス世界記録に挑戦するイベントの第2弾の「100 個のおにぎりを作る最速時間(Fastest time to make 100 rice balls〈team〉)」に新潟・万代シティパークで挑戦し、4分39秒62のギネス世界記録を達成した。

  今月10日のNGT48劇場オープン2周年にかけて、2つのギネス世界記録に挑むことになった「NGT48」。
  昨日は、多くのファンの協力により、「1時間で押された最多手形ペイント(Most contributions to a handprint painting in onehour)」に挑戦し、1231 名のギネス世界新記録を達成した。

  この日は第2 弾として「100 個のおにぎりを作る最速時間(Fastest time to make 100 rice balls〈team〉)」に挑戦。 メンバー22名と今村悦朗NGT48劇場支配人、スタッフの計25名が、米どころ新潟らしい挑戦で、2つ目のギネス世界記録達成を目指した。

  単純におにぎりを作るといっても、記録認定には1つ100g以上、握る形を統一させる(今回は丸形)、外から具材が見えないようにするなどの厳しい審査基準があり、さらに標準記録の5分以内に作り上げなければならない。

  準備も整い、昨年末から何度も練習を積んできたメンバーたちも気合十分で挑戦をスタートさせたが、本番では勝手が違ったのか、お米をおひつから取り出す際にメンバー同士がぶつかり合ったり、おにぎりの大きさがバラバラだったりと悪戦苦闘。
  何とか100 個のおにぎりが出来上がったものの、崩れないように握り直すなど、標準時間の5分いっぱいまで使い切った。

  その後、おにぎり一つひとつの形や重さが厳しくチェックされ、いよいよ審査結果の発表へ。
  喜ぶ準備をしていたメンバーたちに、ギネス世界記録の公式認定員のマクミラン舞さんから告げられたのは、「5分3秒の時間オーバー」というまさかの結果…。
  さらに、梅干しが見えてしまっているおにぎりが一つ見つかり、ギネス世界記録達成ならず。

  これにはメンバーたちも「えー!」とショックを隠し切れない様子で、キャプテンの北原里英から時間計測を担当していた今村劇場支配人に「しっかりしてくださいよ!」と厳しい言葉が浴びせられた。

0002

  記録達成ならなくては明日の2周年を迎えられないということで、メンバーたちが「もう1回挑戦させてください」と、公式認定員に懇願。
  まさかの事態に備えてお米を多めに用意していたことも幸いし、再挑戦が認められた。

  再挑戦に臨むにあたってメンバーたちはまさかの失敗で目の色を変えて、楽屋に戻って作戦会議を実施。
  各担当や流れを細かく確認したり、30秒ごとに時間経過を報告するなどの作戦が決められ、その熱気は加藤藤美南も「これほどおにぎりについて真剣に語り合ったことはない」と語るほどだった。

  そして、いざ再挑戦へ。
  1 回目に比べ、メンバーが各自の役割を全うし、スムーズにおにぎりが作られていき、またタイムオーバーした1回目の反省を生かし早めに切り上げる戦略をとって、ギリギリまで粘らず時間を大幅に残してチャレンジを終える決断をした。

  その甲斐もあり、今度は4分39秒62と標準タイムの5分をクリア。
  100 個すべてがきちんとおにぎりとして認められ、見事にギネス世界記録を達成した。
  先ほどの落胆ぶりとは一転してメンバーたちも大喜びで、集まった観客からも祝福の声と拍手がおくられた。

  今回の挑戦で作られたおにぎりは、メンバーたちだけでなく希望する観客にも海苔を巻いてふるまわれ、2日連続のギネス世界記録達成の喜びを分かち合った。

  イベント後、北原は「おにぎりを握るという新潟らしい挑戦で2つ目のギネス記録達成ができてうれしいです。気持ち良く胸を張って、明日の劇場オープン2周年を迎えられます」と、認定書を抱えながら笑みを浮かべた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事