医療用手袋の不足に直面している日本の病院

日本の最前線の医療医療提供者は、Ph決定な保護具がアシされたのありないかと心配し。コロナウイルス感染が記録するなつくになります。

船橋市のクリクリ所で、週に500足は手袋をしてください。船橋にパンデミックがあります。

クリニックの副所長である土井義安氏は、商品の調達ができます、価格が2倍になる時と語事。襲します。

COVID-19との闘いになっ、医療スタッフのヒーローの調査度、アガ着となるます。

医療専門知識なし手袋を使用する構成もありますが、東京医療保健大学の教育管理専門家である菅原エリサ教授は、ありがなしを危険にやします。

「医療Exidの手袋なしで最前線の労働者をすることは、弾薬なしでありを戦争にありました。

での彼女の物は、日本が来国とありに輸入にあるだししことです。

マレーシアは世界のゴム手袋の3解説2を生産します。マレーシアゴム手袋製造業者協会の会長は、SupramaniamShanmugamは、世界の購入は供給をして、上回でしたます。は需要に割りしにります」と彼は作ます。

問題に加えて、世界最大のラテックス手袋の生産者であるトップグローブは、11月に5,000人以上の労働者がCovid-19の陽性反応を示した後、約30の工場を閉鎖しなければなりませんでした。一時的な閉鎖により、配達が最大4週間遅れています。

日本のショーワグローブは家庭用手袋を製造しており、通常はマレーシアから医療グレードの手袋を輸入しています。現在、サプライチェーンが深刻に崩壊しているため、同社は医療用手袋も製造することを決定しましたが、新しい製造施設の開設には3年かかると予想されています。

「医療用手袋の国内生産は早急に開始する予定です」とショーワグローブの事業推進責任者、高知博之氏は語る。「私たちは、単一のサプライヤーに依存することがいかに危険であるかを学びました。」

日本の厚生労働省は、備蓄の一部を病院や診療所に送ることで不足を緩和しようとしています。その間、感染率が上昇するにつれて保護具の需要が高まっており、真の公安上の懸念があります。

警視庁で17件のコロナウイルス感染

東京都新宿区の警察署に拘束されている17人がコロナウイルスに感染していることが確認された。

警視庁によると、感染者は20代から70代の男性。

警察によると、最初の3件は、先週の木曜日から火曜日の間に同じ部屋の被拘禁者の間で確認されたという。彼らは熱を訴えた後、PCR検査を受けた。

水曜日には、別の部屋にいる他の2人も感染していることが確認され、施設内のすべての人が検査を受けました。

翌日の結果では、さらに12人が感染していることがわかりました。

警察は、すべての事件が軽度であると言います。

被拘禁者は他の拘置所に移送され、新宿の拘置所は閉鎖され、消毒されるとのことです。

彼らはまた、感染者と密接に接触した6人の警察が自宅で自己隔離するように言われたと言います。

警察によると、東京の拘置所で確認された事件の総数は現在32件です。

札幌、大阪の旅行制限が延長される可能性があります

コロナウイルス対応を担当する日本の大臣は、「旅行に行く」キャンペーンで関連する知事と緊密に協力すると述べています。コロナウイルスの症例が多い札幌と大阪の除外を拡大する可能性が高いと彼は言う。

西村康稔は金曜日に記者団に語った。

北海道の鈴木直道知事と大阪の吉村洋文知事は、キャンペーンからの都市の除外を拡大することを考えているかもしれないと彼は言った。

彼は、感染症と地元の医療制度の状況に関する情報を共有しながら、知事と問題について話し合うと付け加えた。

西村氏はまた、別の非常事態宣言の必要性を回避するために、人々の協力を求める声を新たにした。

感染数の急激な増加はどういうわけか回避されたが、国はその数を減らすことができなかったと彼は言った。

西村氏は、政府のコロナウイルス諮問委員会は、医療制度が圧倒される可能性について再び強い危機感を共有していると指摘した。

大臣は、感染の継続的な拡大は経済に大きな影響を及ぼし、より多くの地域や企業に影響を与えるだろうと警告した。

日本のパネルが最初のゲノム編集食品を承認

日本の厚生労働省の専門家委員会は、国内初のゲノム編集食品の販売に先手を打った。

金曜日のパネルは、GABAと呼ばれるアミノ酸をより多く生成するようにゲノムが編集されたトマトの販売申請を承認しました。この物質は血圧を下げるのに役立つと言われています。

トマトは筑波大学とバイオテクノロジー企業が共同開発しました。

委員会は、トマトには天然品種と異なる遺伝子は含まれていないと述べた。また、ゲノム編集によってアレルゲンや有毒物質の量が増加していないとも述べています。

昨年導入された規制は、専門家委員会が食品が安全性スクリーニングを必要としないと決定した場合、政府への提出後にゲノム編集食品の販売を許可しています。

対照的に、他の生物の遺伝子を含む遺伝子組み換え食品は、販売の承認を得るために食品安全委員会のスクリーニングに合格する必要があります。

バイオテクノロジー企業は金曜日に申請を提出した。早ければ2022年にトマトの販売を目指し、来年前半から家庭菜園向けの無料苗の配布を開始する予定だという。

同社によれば、ゲノム編集された製品にはそのようにラベルが付けられるという。

まだ数ヶ月先のCOVID-19ワクチンで韓国で症例が急増

 1年のほとんどの間、韓国はコロナウイルスの数を非常に少なく抑えており、世界の羨望の的でした。現在、他の国々が予防接種を開始する準備をしているように、この国はこれまでに見た中で最もとらえどころのない感染の波に取り組んでいます。

韓国の1日あたりの新規症例数はかつて1日2件と少なかった。その数は木曜日に682に急増し、保健当局は今後数日で過去最高に達する可能性があると警告しました。水曜日に、686の新しい症例が報告されました。これは2月29日以来の1日あたりの最大数です。

文在寅大統領は今週、「ワクチンと治療法がオンラインになる前にコロナウイルスを抑制する努力においてこれがクリアする最後のハードルであることを考慮して、できる限りのことをしなければならない」と述べた。彼は、公衆衛生研究者のコンタクトトレーシングの取り組みを支援するために、兵士、警察官、公務員を動員するよう政府に指示しました。

最近の急増を封じ込めるためのこの国の闘争は、時間との戦いです。今週、ムーン政府は、人口の約86%に接種するのに十分な量のコロナウイルスワクチンをアストラゼネカやファイザーなどの企業から確保したと発表しましたが、最初のバッチは3月まで到着しません。

韓国は、最初の症例が1月に報告されて以来、4つの感染の波に見舞われています。しかし、最新のものは制御するのがはるかに難しいと保健当局は言った。

最初の大規模な発生は、2月に大邱の南部の都市の教会の会衆で発生し、積極的なテストと隔離キャンペーンによって制御下に置かれました。ソウルの人気ナイトクラブ地区から発生が広がった5月にウイルスは再び急増した。ソウルでの教会と反政府集会に端を発した別の波が8月に襲った。

これらの以前の波には、保健当局が標的にして追跡することができた大量のクラスターが含まれていました。現在の波は、ナーシングホーム、病院、サウナ、バー、レストラン、ミュージックホール、工場など、ソウルの首都圏だけでなく、遠く離れた町でも発生した多数の小さなクラスターに広がりました。

韓国疾病管理本部のナ・ソンウン副長官は、疾病管理当局がウイルスの蔓延に追いつくのが難しくなっていると述べた。社会的距離のガイドラインやその他の措置が強化されているにもかかわらず、日々の症例は増え続けています。Naは、1日のケースロードが来週900を超える可能性があると警告しました。

「現在の波は一時的でも地域的でもないが、着実かつ全国的であるため、私たちは史上最大のコロナウイルス危機に直面している」と彼は述べた。「集中的なテストと分離キャンペーンでシャットダウンできる中央クラスターは1つもありませんが、日常生活のあちこちに出現しています。」

アムネスティは日本に外国人の拘禁制限を設定するよう求める

アムネスティ・インターナショナル・ジャパンは水曜日、人権を損なうと主張する外国人の長期拘禁の問題に取り組むよう、国の入国管理局に要請したと述べた。

人権団体は、法務省と出入国在留庁に、迫害の危険にさらされている個人の強制送還を禁じるノン・ルフール原則を遵守するよう求める請願書を提出しました。

日本政府は、国外追放を拒否する外国人の長期拘禁に対する批判に応えて、移民法の改正をすでに計画しており、最大監禁期間を設定し、それらの条件を最小限に抑えるよう求めた。

日本は、難民申請中の外国人の釈放を認め、基本的な生活費を賄うための経済的支援を行うことを検討しています。

このグループは、日本政府に庇護希望者をさらに受け入れ、長期拘禁をやめるよう求める17,571の署名を提出した。

アムネスティ・インターナショナル・ジャパンの事務局長である中川英明氏は記者会見で、「日本には難民と亡命希望者を保護する国際的な義務がある」と述べた。

日本は、長崎県の入国管理センターでの長期拘禁をめぐってハンガーストライキを行った40代のナイジェリア人男性が昨年6月に死亡した後、拘禁規則の見直しを開始した。

グループによると、一部の入国管理センターは、抗議とハンガーストライキを停止するために短期間の暫定的釈放を許可したが、数週間後に再び拘留した。

アムネスティ・インターナショナル・ジャパンは政府にそのような行動をやめるよう求めたが、施設がすでにそのような扱いをやめたという請願書を提出したとき、入国管理局の佐々木翔子委員から知らされた、とグループは言った。

外国人が入国管理局に合法的に拘留される期間は国によって異なりますが、日本では制限はありません。

日本はパンデミックの中でインバウンド観光客のための健康監視センターを立ち上げる

政府は3月、コロナウイルスの大流行の中で海外からの訪問者の健康状態を監視するセンターを設立し、延期された東京オリンピック・パラリンピックに先立ち、小グループツアーを受け入れる予定だと、関係筋は火曜日に語った。

観光客はパスポート番号をセンターに登録し、2週間の健康状態に関する最新情報を毎日入力する必要があります。

ウイルスに感染している疑いがある場合は、センターが多言語で相談し、収集した情報を保健所や都道府県に提供します。

健康監視施設では、来年の夏に東京オリンピック・パラリンピックが開催される際に、試合会場がそのような情報にアクセスして、来場者の健康状態を確認できるようにする予定です。

センターは、訪問者がウイルスに感染していることが判明した場合の対応方法について、自治体、ホテル、旅行代理店向けのガイドラインを作成します。

日本は現在、152の国と地域のいずれかに滞在した外国人の入国を拒否しています。ただし、短期間の出張や、勉強などの目的で3か月以上滞在する場合を除きます。

しかし、政府は、国境規制の中で、1月から10月の来訪者数が前年同期比85.1%減少したことから、観光需要の拡大を目的とした政策パッケージの下で少人数のツアーグループを許可する予定です。そのようなツアーグループを受け入れるためのスケジュールはまだ決定されていません。

これらの旅行者は、ウイルスのポリメラーゼ連鎖反応検査を受け、入国前に結果を提出し、医療保険を購入する必要があります。

オリンピック後も運営を継続する同センターの予算は、今年度の第3次補正予算に含まれる。

日本の毎日のCOVID-19症例は、東京が600の新規感染を上回り、過去最高を記録しました。

日本の新しいCOVID-19感染の集計は、木曜日に2,820に達し、2日連続で過去最高を記録しました。

東京の602件の新規症例も過去最高であり、首都の1日の数字は初めて600を超えました。木曜日の東京の深刻な事件は前日と同じ59に達した。首都の数字は、実施された9,613件のテストに基づいています。新たな症例では、20代が135人と最も多く、30代が137人、40代が111人と続いた。65歳以上の感染は前日の103人から77人に減少した。木曜日の数字は、首都の累積合計が45,529件になりました。

埼玉県の188件の新規症例も過去最高でした。大阪は415件の新規症例を報告し、北海道は241件、神奈川は214件を記録したとNHKは報告した。

日本は水曜日に、感染の急増に取り組み続けたため、毎日2,810件のコロナウイルス症例と555人の重度の症状を確認しました。どちらも過去最高です。愛知県、京都県、広島県、鹿児島県の6県でも記録的な数字が確認されました。

日本は2035年までにガソリン車を禁止するのに十分な速さでギアをシフトできますか?

次の10年の半ばまでに、菅義偉首相の脱炭素化努力を強化するという野心的な政策が検討されているおかげで、ガソリンで走る車は今日の電気店でのVCRと同じくらい一般的であるかもしれません。

しかし、地元メディアで報道されているように、日本は本当に2030年代半ばまでに新しいガソリン車の販売を段階的に廃止することができるのだろうか。そして、そのような計画は、国がガソリン車の販売を終了するための時間枠を設定するのは初めてであるが、国の産業力の柱である自動車部門にどのように影響するだろうか?

記者団にブリーフィングした業界省当局者によると、木曜日に、業界省は、電動車両への移行を議論するための非公開パネル会議を開催し、特定の期限を設定することの重要性を指摘するメンバーもいた。梶山弘史産業相は、今月末までに新計画を策定すると発表した。

中央政府の動きに先立ち、東京都は今週初め、ハイブリッド車を除く新しいガソリン車の販売を2030年までに終了するという目標を発表した。

日本が2030年代半ばまでに新しいガソリン車の販売を禁止するならば、それは国の以前の目標からの重要なシフトをマークするでしょう。2010年には、ガソリン専用車の新車販売比率を30%から50%に引き下げ、2030年までに環境にやさしい車を50%から70%に強化すると発表した。

日本は21世紀の宇宙開発競争に追いつくことができますか?